花というのはスタンダードなモチーフですが、テキスタイルデザインの 世界でも何年かの周期をもって繰り返し大流行する永遠のテーマです。 ピオニーペインティングは花をモチーフとして創作したオリジナル ペインティングです。レイアウトや配色を工夫すると絵画調にもモダン なデザイン作品のようにも描ける「花の絵画クラフト」なのです。

2ヶ月くらいの時にシェルターに保護され半年後、家族になりました。

好きな絵画のジャンル 日本人にはセザンヌやルノワール、モネなど印象派の絵画が人気ですが 私はそれより以前の16~18世紀、オランダフランドル地方の花卉画 (花の絵画)が大好きです。当時は宗教画や神話画、歴史画などが高く 評価され、花卉画は西洋絵画史の中ではあまり重要視されなかったけど...

私は芸大卒業後、画家になるということが現実的な仕事とは思えず しかし花の絵を描く仕事をしたいと思っていたのでテキスタイルデ ザイナーになりました。当時、繊維関係会社の企業内デザイナーは 企画の仕事が中心で実際に絵を描くのはデザイン事務所に外注する ことが多かったのでデザイン事務所に就職しました。        

装飾画という考え方 私が自由に描いているデザイン画はどんなジャンルに入るのかと 考えることがあります。純粋絵画ではないのですがアクリル絵の 具を使用しての作品なので広い意味でのアクリル画といえるでし ょう。でも絵画としての考え方や技法とは違います。デザインの 仕事をやっていたので装飾的な作品が好きなのです。アクリルの...